こんにちは。
テーブルクリエーションstaffのFです。

来る7月1日(水)リーガロイヤルホテル大阪にて
「星の節供セミナー&パーティー」を開催いたします。

f0206212_11175469.gif


七夕の節供をテーマに、“日本のこころ”を感じていただけるセミナー&パーティーとなっております。

内容のご紹介の前に「節供」についてのお話を少し・・。

日本の暮らしのなかには、古くから季節を愛で祝う行事や風習が多く伝えられています。
古来から日本人は、四季の自然の恵みに感謝し五穀豊穣を祈り、日々を健やかに過ごせるようにと願いを込めて、季節の節目にごちそうを作って神様に供えました。
「節供」とは、季節の節目の日に神様にお供えをし、人々が集って神様と一緒に食事をする日のことです。

1年のうちで5つある節供は五節供と呼ばれ、年中行事の中でも代表的なものです。

人日の節供 (1月7日)
上巳の節供 (3月3日)
端午の節供 (5月5日)
七夕の節供 (7月7日)
重陽の節供 (9月9日)

それぞれの節供には由来や言い伝えがあり、行事特有の食べ物や花があります。
ひなまつりや子供の日、七夕などはふだん身近に感じられる行事ですが、
それらにどんな意味が込められているのか、ということは意外に知られていないのではないでしょうか

長い年月のなかで伝えられてきたその行事本来の意味を知り生活に取り入れることで、
季節を感じながら、日々の暮らしをより豊かに愉しむことができる気がします。


さて、セミナー&パーティーのご案内です。
セミナーでは、丸山先生が七夕の由来やしつらえについて、そしてビュッフェパーティーの愉しみ方やマナーのお話しをいたします。
ランチビュッフェパーティーでは、星の節供の空間装飾の中で、
中阮という大変珍しい中国楽器の演奏にのせて書のパフォーマンスをご覧いただき、
和洋料理長のコラボによる七夕にちなんだお料理を楽しんでいただきます。

f0206212_11472966.gif
f0206212_11503449.gif和洋の両料理長には今回の「和」をテーマにしたパーティーの趣旨に快くご賛同いただき、ホテルではなかなか実現しにくい和食と洋食のコラボのビュッフェメニューを実現してくださいました。
星の節供にちなんだメニューをぜひご紹介したいところですが、それは当日のお楽しみに・・・。

そして、最後にはみなさんの願い事が叶いますようにと祈りを込めて・・・。
と、素敵な内容となっております。

ぜひ皆様、ふるってご参加くださいませ。

お申込み、お問い合わせは、リーガロイヤルホテルの文化教室 エコールドロイヤルまでお願いいたします。
[PR]
by yokomaruyama | 2009-06-20 11:53 | ご案内

Tea time

テーブルクリエーションstaffのOです。

今月のテーブルコーディネーター養成講座ベーシックコースでは、ティーについての講義となっています。

水曜日には大阪校でレッスンがありました。

レッスンでは、基本的なセッティング位置や紅茶についてのお話があります。

もちろん、デモテーブルもあり、英国の食器や銀器を使ってのトラディショナルなテーブルで、
それらの準備をしているだけで、ティータイムを楽しんだ気分になってしまいます。

そんなテーブルで過ごすティータイムもとても素敵なものですが、最近は、ホテルや専門店でのティーは、モダンな食器を使っていたり、プレゼンテーションが工夫されていたりして、外でいただくお茶もとても楽しく感じます。


f0206212_0421547.jpg

コンラッド東京のバーラウンジ、トゥエンティエイトのアフタヌーンティーセットは、画像のように平たいウッドボードにガラスが重ねられ、そこにスコーンやスイーツ、春巻き(!)などが乗ってきます。

ホテルではよくシルバーの三段スタンドに盛り付けられて出てきますが、こうした形も取りやすくて良い感じでした。

ポットもガラス製で軽やかさがあり、カップ類は白ですっきりシンプルに。

f0206212_0434213.jpg

目に入るのは浜離宮の緑と海の青、という眺望の良さもあって、とってもリラックスできる素敵なティールームでした。
[PR]
by yokomaruyama | 2009-06-12 00:49 | 日々のこと

works

こんにちは。
staffのMです。

今日はテーブルクリエーションのお仕事のひとつ、
”テーブルトップ商品企画”の一例をご紹介させて頂きます。

今回ご紹介させて頂くのは、神戸の北野クラブ ソラ様。
2005年の3月にオープンし、その開業前からコーディネート企画として
携わらせて頂いておりました。
f0206212_1118070.jpg


あれから4年。
石積みのチャペルや、リゾート感たっぷりの会場は大変人気のようです。
f0206212_11182410.jpg


北野クラブ ソラ様には3つのバンケットがあります。
一つ目はアジアンリゾートの雰囲気の"モンスーンヴィラ”
赤い漆器にフランス・ベルナルドの"フルール”というスクエアのショープレートを
重ねました。フルールはアジアのお花をイメージして作られたシリーズで
このお部屋にぴったりです。
ガラスのパン皿はスガハラショップのものです。
f0206212_11191558.jpg



二つ目は、ミラージュヴィラ。
モロッコをイメージして作られた、とてもお洒落なお部屋です。
ここでは白の漆器に、フランスのJ.L.コケーの器を重ねています。
グラスはLSAです。
f0206212_11193955.jpg



三つ目に、グレースヴィラ。
南フランスやモナコのイメージのお部屋で、モナコ王室に嫁がれた"伝説の王妃”
グレース・ケリーのイメージを重ねているそうです。
漆器としては少し珍しいパステルブルーに、同じくベルナルドのショープレートです。
カトラリーはクリストフルのものです。
会場側からの依頼の中に”優雅なイメージで”とございましたので、流れるような
ラインのナプキンもご提案させて頂きました。
f0206212_1120674.jpg



まだ会場ができる前に全てをご提案するというお仕事でしたが、このコーディネートの
中で新郎新婦様や、そのお2人を大切に思うゲストの皆様が笑顔で過ごす空間を
イメージしながら、大切にひとつひとつをセレクトさせて頂きました。
日本の美しいもの、フランスや世界の美しいものがテーブル上でクロスオーバーする
コーディネートとなりました。
そのほかこちらの会場では、ビュッフェスタイル用の什器や器なども
コーディネートさせて頂いております。


今日もこのそれぞれの空間で、幸せな笑顔が広がっていることと思います・・・。
みなさまも北野クラブ ソラ様へ行かれる機会がございましたら、ぜひ
テーブルコーディネートにもご注目ください!
[PR]
by yokomaruyama | 2009-06-06 11:27 | テーブルコーディネート

日本のこころ・・・

はじめまして。
テーブルクリエーションstaffのMです。
先日丸山と共に、ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドにて行われました
東京・六志会による「立礼立茶と茶かぶきの茶会」に行って参りました。
f0206212_18375689.jpg


「立礼立茶」とは、男性茶人6人衆(グラフィックデザイン会の長老と呼ばれる方や
弁護士、ITコンサルタント、ワインシュヴァリエ等蒼々たるメンバーで構成!)が
演じる茶の湯のパフォーマンスです。
私たちゲストはテーブルの椅子席でくつろいだ茶会料理とめずらしいお茶を頂きます。
そして利休、織部などが育てた侘び茶の歴史のエピソードなども聞きながら、
新趣向のお茶会の味を楽しむ・・・という趣向でした。


ホテルに到着し、受付を済ませるとまずは海の見えるお部屋でアペリティフ。
外国人の方や、テレビで拝見したことのある方、お着物の方も大変多くいらしてました。
(洋服で行った私たちはちょっと焦りました!)
その後本会場へ移動し、茶の湯の歴史のお話を伺った後、お茶会がスタートします。

会場前方には透け感のある布で作られた大きな立方体のオブジェが、
天井からぶら下がっています。いよいよスタートとなるとぐっと照明が落とされ
その中に蛍がいたことに気づかされました。
なんという心遣い!

突然、黒子の方が登場したと思えば「ドンッ!!!」という大きな音と共に
正面の白い壁に「一」と書き入れました。
後に「一期一会」の「一」であると教えて下さいました。
f0206212_1840059.jpg


そしてお点前が始まります。
f0206212_18421453.jpg

この日は冷たいお薄茶でのおもてなしでした。
お茶碗は大変涼しげなグリーンのガラス製で、ワインの空きボトルで作られたそうです。
エコロジー!
f0206212_18403991.jpg


約60名のゲストへお茶を点てた後は、テラスへ移動。
ポートタワーやハーバーランドの景色を間近に感じ、海のにおいを嗅ぎながら
「蛍送り」という儀式が行われました。
会場に飾られていた蛍を、神戸の街に放つのです。
六甲山からやってきた約30匹の源氏ボタルが神戸の夜へと
青白い光を放ち飛んで行きました。
とても美しく、おだやかな、日本らしく、神戸ならではの光景でした。
f0206212_18411631.jpg


会場内に戻り、茶会お料理を頂いた後はまたテラスを通って海の見える別会場へ。
f0206212_18514268.jpg

そこで茶かぶきが行われました。
「茶かぶき」とは、江戸時代に流行したゲーム性のある茶遊戯で、
利き酒のようにお茶を飲みくらべて当てる、現代風「闘茶」の試みです。
f0206212_18433117.jpg

その後更に会場を移動し、コニャックを愉しみ、後は自由に解散・・・という
大変贅沢な内容でした。


丸山は
「これは男の美学よ。」
「削り取られた美がすばらしい。女性が入るとこうはいかない。」
「ただ食べて飲むだけでない、精神性のあるパーティー!」
「じんわりと心に響くパーティー!!」
と大絶賛で大変感銘を受けておりました。
偶然で久しぶりの再会や、新しい方との出会いもあり、豊かな時間となったようです。
f0206212_18425574.jpg


ホテルスタッフの皆様のおもてなしの心もすばらしく、
あらためて「日本のこころ」を感じる、大変良い夜を過ごしました。
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド様では、このようなイベントを
定期的に行っておられます。ご興味のある方はホームページをのぞいてみてください。
私たちも今月から計5回、アットホームパーティの講座を行います。
ありがたいことに、沢山のご予約を頂戴しているようです。
ご受講をお考えの方はお早めにお申し込みくださいませ。
お会いできることを楽しみにしております。
[PR]
by yokomaruyama | 2009-06-02 18:53 | 日々のこと