神戸舞子クリスマス2013

こんにちは。
テーブルクリエーションスタッフです。
街はすっかりクリスマスに包まれていますね。
ずいぶんと気温も下がって来て、冬仕度の頃になりました。

神戸の海に面した街「舞子」では、「神戸舞子クリスマス2013」が始まりました。
JR舞子駅周辺の3会場で20作品以上のクリスマステーブルコーディネートや
ディスプレイ、イルミネーションをお愉しみ頂けます。
今日はその中からほんの一部ですが、ご紹介させて頂きます。

旧武藤山治邸は、フラワーデザイナーの山内利果さんによる
クリスマスのウエディングをイメージしたコーディネート。
館一式の装飾はとても見応えがあり、うっとりとします。
f0206212_1353666.jpg


旧木下家住宅では、ライフクリエイター永野いく子先生の「和のしつらいChristmas」
趣きある数寄屋造りの木下家が、クリスマスに彩られます。
しっかりと和を感じながらも、クリスマスの華やかさがあり、
ずっとそこに居たくなるような空間になっています。
f0206212_13976.jpg


舞子海上プロムナードでは、サンタクロースがお出迎え。
f0206212_13112024.jpg


こちらは、招待展示3テーブルに加え、今年から始まりました
コンテストの応募作品の中から入賞された15テーブル、
合計18テーブルの展示は圧巻です!

f0206212_13123563.jpg


f0206212_13351063.jpg


f0206212_13132722.jpg


f0206212_13134671.jpg


そして今年はイルミネーションも輝いています!
バタフライは、かなりの写真スポットになっていました。
f0206212_13151970.jpg


遊歩道も、キラキラの中を歩いて頂きます。
f0206212_1316479.jpg


神戸舞子クリスマス2013は、12月25日まで。
各館によって、定休日が異なりますのでフライヤーをご確認の上
ご予定をお立て下さい。期間中はセミナー&ワークショップもたくさん開催
されますので、詳しくはフライヤーをご覧下さい。
詳細情報・フライヤーPDFはこちらからご覧下さい。

まだまだ見て頂きたい素敵なテーブルやコーディネートがたくさんあります。
また改めて、こちらのブログやMY Dear LIFEブログでご紹介させて頂きます。
まずは速報として、ご案内させて頂きました。
See You Soon!
[PR]
by yokomaruyama | 2013-11-28 13:27 | テーブルコーディネート

優しい食卓主催の「和の生活文化セミナー&しつらえ」の一回目が終了いたしました。
「月の秋と虫の声」をテーマにレクチャー、和のイメージスケール、
かさねの色目のデモテーブル、そして最後には稲穂を使っての
しつらえを体験していただき、移ろいゆく美しい秋を感じて頂きました。
f0206212_8571896.jpg


かさねの色目は、平安王朝人の衣装や几帳や手紙にまでも、
もちいられていましたかさねの色目をテーブルコーディネートで表現いたしました。
「表紅」「中倍紫」「裏青」の3色で深まりゆく秋の情景を表したかさねの色目です。
普通に考えると、強烈過ぎて絶対に合わせることの出来ない色使いですが、
コーディネートに落とし込むと不思議なハーモニーを醸し出し、
平安時代にタイムスリップしたかのような錯覚にさえ陥る色の組み合わせです。
平安貴族人の自然への敬愛、審美眼、豊かな感性に脱帽です。
そして日本人であることに、誇りを感じる瞬間でもありました。
f0206212_8581338.jpg


さて次回は12月12日「年初月の新年」をテーマに、
かさねの色目のテーブルコーディネートにも挑戦いたします。
詳しくはこちら→http://www.tablecreation.ne.jp/

本年12月に「日本食文化」として「和食」がユネスコに
無形文化遺産として認定される予定です。
その内容として「多様な食材を新鮮なまま使用」「自然の美しさや季節感を表現」
「正月や田植えなどの年中行事と密接に関連」といった特徴を挙げ、
食材や料理法だけでなく、家族や地域の結びつきを強める「日本食文化」として
登録を目指しています。
f0206212_91376.jpg


ますます私たちは、先人達から受け継いだ「自然への尊重」という精神に目を向け、
「和の生活文化」を再認識し、学び、次世代に伝えていかなければ
ならない役割があることに、気づかされています。


食空間プロデューサー
丸山洋子
[PR]
by yokomaruyama | 2013-11-07 10:25 | テーブルコーディネート