新緑薫る5月のはじめに、丸山洋子が、大阪・中之島の”ダルマイヤー カフェ”にて、
ピクニックをテーマにセミナー&パーティーをさせて頂きました。
テーブルコーディネートは、カラフルでガーリーな雰囲気に。
センターピースは、MY Dear LIFEのフラワーベースに、ストロベリーを。
セミナーでは英国でのピクニック事情などをお話させて頂きました。
f0206212_16175466.jpg



テーブルウェアは、ロイヤルアルバートの”バタフライ・ブルーム”というシリーズ。
モデルのミランダ・カーとのコラボレート商品です。
f0206212_16203452.jpg



ビュッフェテーブルは、ナチュラルな雰囲気に。
実際にイギリスのピクニックで食べられているようなティーフーズをご用意しました。
f0206212_16213160.jpg



お越し下さったみなさまは、素敵な方ばかり。みなさまそのままピクニックに
出かけられそうなファッションです。
f0206212_16223441.jpg



ドリンクはお紅茶に加えて、イギリスの夏には欠かせない「ピムス」をご用意。
ロイヤル・アスコットやウインブルドンなどでも登場する、イギリスの夏の風物詩です。
きゅうりをたっぷり入れるのがポイントです。
f0206212_16233486.jpg



これから秋いっぱいくらいまで、真夏を除いてはピクニックを愉しめる気候が続きます。
またお天気の優れない日でも、テーブルコーディネート次第ではお家の中でも
ピクニック気分を味わうことは可能です。
自然を感じて社交を愉しむピクニックを、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
f0206212_16284288.jpg

[PR]
by yokomaruyama | 2015-05-21 16:29 | イベント・パーティー

2015年4月27日(月)、株式会社優しい食卓ライフアップデコレーター事業部主催
日本のこころセミナーin 秋田を開催させて頂きました。日本のこころセミナーは、
優しい食卓社さんと一緒に、これまで全国各地で開催させて頂いておりますが、
東北地方での開催は初めてのことでした。平日にも関わらず、定員を上回る
人数の皆様にお越し頂けましたこと、本当に感謝しております。
f0206212_18582597.jpg



丸山先生は、伝統工芸品産地プロデューサーでもありますので、食空間プロデューサーの
視点とあわせて、求められるデザイン、販売促進に欠かせないディスプレー手法や
購買者となる女性ならではの目線を実例と共に紹介し、テーブルコーディネート力を語りました。
f0206212_18562488.jpg



この日展示したテーブルコーディネートは全て、秋田の伝統工芸品を取り入れたもの。
秋田県漆器工業協同組合 様、 角館工芸協同組合 様、大館曲げわっぱ協同組合様には
大変お世話になりました。丸山先生は川連漆器を使ったコーディネートを2テーブル。

こちらはお花見を愉しむ、枝垂れ桜のテーブルコーディネート。後ろに見える
コンクリートの建築は、安藤忠雄さん建築の秋田県立美術館です。
f0206212_19111742.jpg


お菓子を乗せたのは、川連漆器のコースター。写真ではなかなか伝わらないかも
しれませんが、とっても綺麗でした。
f0206212_19133836.jpg



もう1テーブルは、秋田のお酒を愉しむテーブル。
f0206212_19181533.jpg



美しい川連漆器の折敷やぐい飲みと、能登グラスや露のカトラリーをあわせました。
異素材の組み合わせは、漆器をよりひきたてます。
f0206212_1922368.jpg



こちらはエコールスタッフ鈴木由里のコーディネート。大館工芸社さんの曲げわっぱと
角館の藤木伝四郎商店さんの商品をあわせたティーテーブルです。
f0206212_19243884.jpg


曲げわっぱや樺細工などの木製品は、やっぱりグリーンとよく合います。
f0206212_19252975.jpg



セミナー第二部は、現地コーディネーター・黒川幹子さんのセミナーでした。
秋田に暮らす人ならではの視点で、どのようにして日常に伝統工芸品を
取り込むと良いかをお話してくださいました。
f0206212_1927850.jpg



黒川幹子さんも、前回の大館セミナーの記事でご紹介したアーマット可奈子さんの
同期で、東京校のベーシック・アドバンスコースの卒業生です。
日本フラワーデザイナー協会の1級フラワーデザイナーとしてもご活躍中。
今回も会場設定から集客まで大変お世話になりました。
そんな黒川幹子さんのテーブルコーディネートです。

こちらは、武士の家系を継ぐ、角館の経徳製作所さんの樺細工を使ったコーディネート。
f0206212_19312031.jpg



樺細工は山桜の樹皮を用いて作られる、伝統工芸品。使えば使うほどに
美しい艶が出てくるんだそうで、セミナーでは黒川さんが普段愛用されている
私物のボウルも見せてくださいました。
コーディネートで使った経徳製作所さんは、とてもモダンなデザイン。
f0206212_19365563.jpg



黒川幹子さんのもうひとつのテーブルは、大館工芸社さんの曲げわっぱを
使ったコーディネート。今ブームの曲げわっぱのお弁当箱を、器として使うアイディア。
f0206212_19545184.jpg


テーブルクロスは北欧のデザインとのこと。夏に浴衣と団扇をドレスコードに
囲みたい、涼しげなテーブルコーディネートです。
f0206212_19561927.jpg



お客さまはじっくりと一つ一つのテーブルを見て回って下さり、地元の方が
「秋田にはこんないいものがたくさんあるんだな」と言って下さり、
とても嬉しく思いました。全て片付けた後は、会場の1Fにある寛文五年堂さんの
レストランで、稲庭うどんをいただきました。おいしくておいしくて、
疲れも吹き飛びました^^ 秋田は食とうつわの宝庫ですね。


当日はABS秋田放送さんの取材も入って下さり、翌日の夕方のニュースの
「もっと秋田が好きになる」というコーナーで取り上げてくださいました。
秋田の方も、大館の方も、出会ったどの方も、あたたかくて
こころの柔軟な方ばかりで、お話していてとても愉しかったです。
皆様、本当にありがとうございました。
またぜひお目にかかれる日が来ますように・・・!
[PR]
by yokomaruyama | 2015-05-05 20:07 | セミナー

ゴールデンウイーク、いかがおすごしでしょうか。
スタッフの鈴木です。

2015年4月26日、穏やかな晴れの日曜日、桜咲く秋田県大館市にて、
セミナー&ティーパーティーを開催させて頂きました。
秋田県では初めての丸山のセミナー開催でしたが、約100名の皆様にお集まり頂き、
本当に嬉しく思いました。第一部は、セミナー。フランスの暮らしの美学を表現する言葉
「Art de Vivre」をテーマにお話させて頂きました。
f0206212_1561613.jpg


大館の方は「私たちは…」と遠慮される方がとても多かったのですが、
冬が長く厳しい分、ガーデニングやバーベキュー等、外での愉しみ方を
自然に実行されている様子は、イギリス人や北欧の方々のようだなと
思いますし、持ち家率の高さやお食事にかける時間(秋田県は日本一なのだそう!)
などからも、「Art de Vivre」のヒントを知って頂くだけで、もっともっと豊かな
生活になるのでは無いかと思い、そんなセミナーをさせて頂きました。
f0206212_157257.jpg



会場内にはテーブルコーディネートを5テーブル展示。1テーブルはセミナー中に
皆様の前で丸山先生が仕上げました。それがこちらの略式ディナーテーブル。
深い赤のクロスに、芍薬とクリスマスローズのセンターピース。プレートはMY Dear LIFEの過去のクリスマス商品、カトラリー類もMY Dear LIEFです。
ナプキンリングは、ハワイのニーマンマーカスで見つけたもの。
f0206212_1512529.jpg



こちらのテーブルも、丸山先生作。新緑のブランチテーブルです。
レースのクロスはZARA HOME、カップ&ソーサーは、ロイヤルアルバートのヴィンテージ。プレイスプレートは、MY Dear LIFEのものです。
こちらのテーブルについては、MY Dear LIFEブログでもご紹介中です。
http://mydearlifeweb.blog.fc2.com/blog-date-20150505.html
f0206212_15211966.jpg



そしてこちらのテーブルは、大館市でパンとお料理のサロンを主宰されている、
アーマット可奈子さんのコーディネート。アーマット可奈子さんは、東京校の
ベーシック・アドバンスコースの卒業生。小さなお子様がいらっしゃるのに、
大館から月に一度通ってくださいました。旦那様はドバイの方なので、こちらの
コーディネートは、ドバイのアフターディナーのティータイムがテーマです。
異国情緒溢れる、エキゾチックでゴージャスなテーブルです。
f0206212_15261414.jpg



続きまして、こちらのテーブルはエコールスタッフ鈴木のテーブルです。
大館工芸社様にご協力を頂き、商品のお貸出を頂き、地元大館曲げわっぱと
秋田の樺細工を使ったお花見テーブルを作りました。曲げわっぱはお弁当が今大ブーム。
全ての行程を手作業で行う為、納品が3ヶ月待ちなのだそう。お弁当以外にも日常使いの
素敵なものがたくさんありましたので、地元にいると意外と気がつかない良さを
地元の方に再発見して頂けたら嬉しいなと思いながら、作らせて頂きました。
f0206212_1602752.jpg



そして、最後にご紹介するテーブルは、またまた丸山先生のテーブルです。
こちらはモデルのミランダ・カーとロイヤルアルバートがコラボレートした
ラインを使ってのティーテーブルです。シャンタンのクロスと、同素材の
リボンをあしらって、ロマンティックでラブリーなテーブルになりました。
カップ&ソーサーにはバタフライと芍薬が描かれていて、ぴったりの芍薬を
前日にアーマット可奈子さんが見つけてきてくださいました!
f0206212_1541452.jpg


そんなテーブルをご覧頂きながら、第二部はティーパーティー。
神戸から焼き菓子を取り寄せて、ダルマイヤーティーを淹れての
ビュッフェティーパーティーです。
色々と取り寄せましたが、一番人気はダニエルのカヌレでした!
f0206212_15451290.jpg


セミナーの最後にビュッフェパーティーのマナーや愉しみ方をお話させて
頂きましたので、皆様の振る舞いがとてもスマートで美しい!
そして積極的に色々な方とお話ししたりご紹介したりして、
新しい出会いも生まれたようで、それが何より幸せに思いました。
f0206212_1546164.jpg



会場となった、バーリーズクラブの皆様には、本当にお世話になりました。
100名分のホットティーを美味しく淹れるのは、とてもとても難しいことですが
こちらの無理難題に、誠心誠意応えて下さい、頭が下がる想いでした。
当日いらっしゃっていたお紅茶の先生にお紅茶の味を褒めて頂き、
スタッフの方と喜びを分かち合いました。最初からお見送りまで素晴らしい
ホスピタリティに触れさせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
バーリーズクラブのみなさま、本当にありがとうございました。
f0206212_1663114.jpg


そして、セミナー&パーティーにお越し下さった皆様にも感謝申し上げます。
またぜひお目にかかれる日を、こころから愉しみにしております…!
f0206212_168581.jpg

[PR]
by yokomaruyama | 2015-05-05 15:50 | イベント・パーティー